溺れるかっぱ日記 " width="0" height="0">
まったりブログ
        by かっぱ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2007.10.22 ブログ移転のお知らせ!!
d0051037_22505490.jpg


移転先URLはこちらっ!

http://oborerukappa.blog32.fc2.com/


ひきつづき「溺れるかっぱ」を宜しくお願いしますなのだ♪


リンクしてくださっている皆様へ
お手数ですが、リンク先のURLの変更をお願い致しますなのです。

[PR]
# by maront66 | 2007-10-22 22:54
2007.10.21 関西人は小っちゃい 「っ」 が好き。
先日、どこかのテレビチャンネルで関西の人は小さい 「っ」を使うの好きと言ってたのだ。
マツタケのことは、「まったけ」と呼んだり、松屋町という地名を「まっちゃまち」と呼んじゃうらしいのだ。
ほほぉ~!なるほど~。そう言われると確かに関西の人は小さい 「っ」 が好きみたいじゃの。

・・・・・ん?? でも・・・・。

d0051037_20503356.jpg


だったら、何故に関東のように「マック」と呼ばないのじゃろう。
ホントに小さい 「っ」 が好きなんじゃろうか・・・?
[PR]
# by maront66 | 2007-10-21 20:51
2007.10.17 浦沢直樹殿の21世紀少年~下巻~。
21世紀少年の最終巻を読んだかえる様が言いました。

d0051037_2005924.jpg

かっぱ 『 いや・・・オイラ的にはとってもイヤなんですけど・・・・・。 』

かえる様 『 せっかく、また推理する楽しみを与えてあげたのに。ケツの穴が小さいね~ 』

かっぱ 『 ・・・・・・・・・・。 』


================================================

ちなみに「21世紀少年」とは、浦沢直樹殿が描いた長編SFサスペンス漫画なのだ。
「20世紀少年」が全22巻あり、その続きが「21世紀少年」で上下巻まで発刊されちょります。
ストーリーは、、、
主人公ケンヂが少年時代に空想で世界滅亡を予言した「予言の書」書いた。十数年後、大人になったケンヂの身の周りで起きる不可解な出来事が・・・。それは、「ともだち」呼ばれる謎の人物によりケンヂの書いた「予言の書」の通りに世界滅亡の計画が実行されていたのだが・・・・・。
[PR]
# by maront66 | 2007-10-17 20:04 | 好きなマンガ
2007.10.14 宝くじを買ったならば!!
宝くじを買うのは、当たる夢を見る権利を買うって事なのだ。

これって、つまり少しでも多く当選した夢を見た方が、購入した宝くじの価値が上がるってことなのでは・・・・・?

ってことは!オータムジャンボ宝くじを遅れて購入したオイラとしては一分一秒でも多く当選した時の夢を見なくちゃもったいなって事では!?

やばい!やばい!さっそく当選した時の幸せいっぱいの姿を想像しなくては!!

d0051037_237375.jpg

はぁ・・・札束でしばかれたいのぉ・・・・・。
[PR]
# by maront66 | 2007-10-14 17:43
oborekappa@hotmail.co.jpにメールしてくれた皆様。
お詫び

「メール送ったのに返事こないなぁ・・・・・」と思われていた皆様・・・・。
オイラ、今日気づいたのだ・・・・。
どうやら、勝手にメールが迷惑メールフォルダに移動しちゃっていたことに。
d0051037_2294397.jpg
返事がなかった皆様・・・・ごめんなさいなのだ。

※勝手に迷惑メールフォルダに移動しないよう設定しましたです。
[PR]
# by maront66 | 2007-10-13 17:45
2007.10.11 トルコに行ってきたのだ!~其の伍~
つらつらと書いてきた旅行記も今日で終わり。お付き合いありがとですー。

首都アンカラからアンカラエクスプレスに乗ってイスタンブールへ。寝ている間にイスタンブールに着くなんて素敵。
乗る前に添乗員さんから、注意事項を申し伝えられる。チップは別途を作ってくれた車掌さんにできれば渡すと案内書には書いてありますが、このチップはできればではなくて、1人1リラ必須です。といわれた。なるほど。では、2名で2リラですの。ほうほぅ。しかも列車は音もなく発車するので、乗ったらホームに絶対降りないとのこと。おそろし~の。乗り遅れたら異国の地アンカラで一人置いてきぼりですかい。恐いのぉ~。個室の冷蔵庫の中身はすべて無料で食べてよいとのこと。なんと太っ腹なのじゃ!!!
d0051037_234493.jpg
駅はどこはかとなく臭い・・・・。う~ん。なぜじゃろ?

さて列車はす~と入ってきてす~と発車。
d0051037_22542925.jpg
人生初めての寝台列車ワクワクだ!んんん??個室が駅と同じ匂いがするぞ・・・。く、臭いのじゃ・・・。アンモニア臭がするのじゃ・・・。まぁしょうがないかの・・。列車が動きだしたらすぐに車掌さんがイスを寝台に変更してくれる。ワクワク。個室の作りは冷蔵庫と物置と、ハンガーと洗面台と上下にベットが1台ずつ。さぁて、着替えて寝ましょうか。カーテンを閉めると外の明かりも全く入らない。個室の寝るための赤い光をつけておやすみなさーい。

朝は車掌さんがノックをして起こしてくれる。オイラはぐっすり眠れたけれどかえる様は眠れなかったご様子。食堂車にいって、パンとチーズの朝食を。モグモグ。コーヒーは1杯、紅茶は2杯まで無料。朝食を食べている間に寝台をイスに治してくれるとのことだったけれど、車掌さんは来ず、かえる様が車掌さんを呼んできて直して貰うことに。

こんなところにもトルコのマークが。
d0051037_2254986.jpg

このマークはかわいいのだ。

さて、ボスポラス海峡を渡り、旧市街へ。実はこの辺は、疲れていたせいもあるのか、はたまた旅行から帰ってきてだいぶ日が経っちゃってるせいもあるのか既に記憶があいまいでよく覚えてないのだ・・・(汗
ブルーモスク。
d0051037_22563675.jpg
すごい人が見学に来ていて、入るのに並んで入ったのだ。
d0051037_20312236.jpg
モスクの中のタイルがブルーなのでブルーモスクと言われていて本当は違う名前なんだそうだ。でも、本当の名前は忘れちゃった。てへ。
d0051037_223516.jpg

タイルが綺麗で可愛い。デザインがすごいのだ。、昔の人はすごいの~。

アヤソフィアは外から見学のみ。次はトプカプ宮殿へ。ちょうど東京でトプカプ展(?)やっていて、いくつかの展示物は東京に貸出中という張り紙がはってあって見れなかったのだ。でも、すごい宝石の数々でかえる様の目が負けないくらい、きらきらに輝いていた。

やはり、ここもすごい人で入るときにすごく並んだのだよ。まるで、東京の美術館のようだ。お客さんが外人さんてだけでね。なので、ゆっくり陳列物を見ることができなかったのだよ。ざんね~ん。ヨーロッパの人にはトルコは旅行に来るのにちょうどよいらしく、ものすごく大きいフェリーが4隻くらい港に止まっていたのだ。あそこに乗った人がすべてここに来るのでは混むのはしかたないの~。

トプカプ宮殿の後はトルコで最後のホテルへ移動し、このツアー初のフリータイムへ!オイラ達は地下鉄に乗って新市街のタクシム広場へ。
d0051037_21372693.jpg
フリータイムは午後3時からくらいだったので、ホテルのある新市街から旧市街へは時間の関係上いけなかったのだよ。ざんね~ん。
地下鉄、本当は1.3リラ乗車賃かかるのに、今日はなんだか無料なご様子。なんとラッキーじゃ。不慣れでオロオロしているオイラ達を颯爽と導いてくれたおじさんありがとう!!
新市街をブラブラして、ドネルサンドを食べてホテルへ戻る。ガイドさんが、渋滞がすごくてタクシーでもなかなか進まないといっていたけれど、なるほど。ほっそい道でも車がギュゥギュゥで物凄かった。あれは相当なドライビングテクニックが必要なんじゃないかの~。

楽しかったトルコ旅行も今日で終わり。長いようであっという間の1週間だったのだ。
帰りのウズベキスタン航空のチケットはトランジットのとき無事、ツアーの人数分発券してもらえて、荷物も無くならずに日本についたのだった。

ツアーの人たちとは、多分もう2度と会うことはないだろうけれど、なかなか個性的な人が多く楽しいメンバーだったのだ。このような添乗員付きのツアーは初めてだったけれど、いいもんだな~としみじみ思ったのだ。
また、来年も旅行にいけるとよいな~。

あ!そうそう、トルコのトイレってば、ガソリンスタンドとかお店に設置されてる場合には50クルス~75クルス(50円~75円)を入り口で支払うのだ。
でもって、流れが悪いからトイレットペーパーは流さずに設置されている入れ物に捨てるのじゃ。
d0051037_20452835.jpg
うーん、やっぱりトイレは日本が一番じゃのぉ~♪
[PR]
# by maront66 | 2007-10-11 21:00 | 旅行
2007.10.8 トルコに行ってきたのだ!~其の四~
さぁ、今日もガシガシいくのじゃー!!

カッパドキアでは洞窟ホテルに宿泊。
d0051037_21424486.jpg
ん~。廊下も部屋もアーチ型でとってもかわいいのじゃ。部屋もなんだかいい匂い~。ホワワァ~。ホテルもすっばらしいのじゃが、ロケーションも素晴らしい。「鳩の谷」というところの目の前に建っており、部屋からそのまま外に出れる庭から一面、カッパドキアの素晴らしい風景が眺められるのじゃ!

しかも、さすがカッパドキア、オリオン座と北斗七星がオイラの人生初!ってな位に大きくハッキリ見えたのだ!!すんばらし~♪夜は冷えるので、ホテルの毛布をかぶりながらかえる様と流れ星までみてしまったよ。ウットリ~。
(ふぅ・・・北斗七星の横に死兆星は見えんかった・・・・。ホッ)


朝方、これまたホテルの庭から朝焼けとカッパドキアを飛ぶ気球をみれたのだ。もう、すごい眼福じゃ~~~~~~~~。
そうそう、朝はお経を唱える声で目が覚めたのだ。ガイドさんの話によると毎朝、放送で流れるらしい。しかも!それは録音じゃなくて毎日、誰かが直接唱えているとのこと。カッパドキアと初日のイスタンブールでこのお経は聞こえたのだ。

日の出。
d0051037_21355653.jpg

気球。
d0051037_22131436.jpg

気球はオイラ達の頭上を飛んでいったのだ。ゴォーゴォーと音を立てての。
ちなみに、同じツアーの人でこの気球に乗るのを楽しみにしていた人達が沢山いたのだが、ななななんと!ツアー会社のミスで予約満杯で乗れんかって、みんなでブーイングの嵐だったのだ。気球にのるために、このツアーに参加していた人もいたので、かわいそうだった。

さぁ、今日はカッパドキアの観光スポットをチャキチャキ回るのだ。

キノコ岩
d0051037_2371416.jpg


キノコ岩の隣のおじさん。肩に黒猫(本物)乗せているのだよ。みえるかの~?
d0051037_21365088.jpg


ギョレメ野外博物館の教会の1つの壁画。
d0051037_22142593.jpg

ここは発見されるまで地元の子供達の遊び場だったらしく、顔とかガシガシ削られてしまっているのだ・・・・・。いや~、でもここが遊び場だったなんて、なんとも贅沢(?)なお子様達だったんだろう~。暗闇の中で保存されているので、色が褪せずに撮っても綺麗なのだ~ほぉぉぉ。

地下都市の1つ、カイマルクも見学。キリスト教の人々が迫害を逃れるため、みんなこんな所に隠れ住んでいたなんてビックリ!て思うくらい複雑で広かった(地下8階)。しかも高さがないので移動が大変な上に隠れ家だけあって、まるで迷路。教会から学校まであったというので驚き!道から外れると穴におっこちて迷子になりそうだったのだ。昔の人ってば、コレマタ、技術のない時代に知恵をしぼってすごい住処を作ったもんじゃな。

その後、洞窟に住んでいる一般家庭のお宅にお邪魔。
d0051037_21385591.jpg

かわいいのぉ!おうちが可愛いのだ!この日はとても暑かったのだが、お部屋の中はエアコンもないのにとっても涼しい。チャイ(紅茶)をご馳走になってバイバイキーン。
かえる様はこのお宅の1歳になる坊やにメロメロで、ツアーガイドさんのお宅説明も聞かずに坊やを独り占めをしていたのだ。「癒し~。」とか言っていたけれど、きっと坊やにとってはいい迷惑だったのじゃろうなぁ~。

さて、お次は土産物屋めぐり第3弾!!「トルコ絨毯」。
d0051037_21392184.jpg
絨毯を織っているところをはじめ、蚕の繭から絹糸をとっているところを見学して、その後は絨毯の販売会。
トルコ絨毯って手織りでなんて細かいおりものなんじゃろ~。絨毯の値段が大体織った人のお給料となるなんていっていたけれど、む~、これは高いのも分かるの~。でも、このトルコ絨毯のお値段には織っているおばさん以外の売る人だったり、宣伝する人だったり、材料費もふくまれているんだろうな~。そうなるとおばさんが一番大変だけれど、もしかしたら・・・報酬が一番少ないんじゃないかと胸がちょっとしょっぱくなっちゃったりもしたのだ。

トルコの産業を守るためと文化を理解してもらうためという名目で連れて行かれた土産物屋さん。なかなか、たのしめたのだぞぃ。


さて、カッパドキアからは、トルコの首都アンカラへ向かい、ここからアンカラ特急に乗ってイスタンブールへ。

さぁ、いよいよ次が最後なのだ!----->其の五
[PR]
# by maront66 | 2007-10-08 21:58 | 旅行
2007.10.4 眠くて眠くて脳が働かんよ。
d0051037_14465193.jpg


時差ボケのせいか・・・・すっごく眠いのぉ・・・・。

朝も起きるのがツライのじゃ。

注)この衣装とトルコは、まったく関係ありませぬ。
[PR]
# by maront66 | 2007-10-04 21:04 | イラスト