溺れるかっぱ日記 " width="0" height="0">
まったりブログ
        by かっぱ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2007.10.11 トルコに行ってきたのだ!~其の伍~
つらつらと書いてきた旅行記も今日で終わり。お付き合いありがとですー。

首都アンカラからアンカラエクスプレスに乗ってイスタンブールへ。寝ている間にイスタンブールに着くなんて素敵。
乗る前に添乗員さんから、注意事項を申し伝えられる。チップは別途を作ってくれた車掌さんにできれば渡すと案内書には書いてありますが、このチップはできればではなくて、1人1リラ必須です。といわれた。なるほど。では、2名で2リラですの。ほうほぅ。しかも列車は音もなく発車するので、乗ったらホームに絶対降りないとのこと。おそろし~の。乗り遅れたら異国の地アンカラで一人置いてきぼりですかい。恐いのぉ~。個室の冷蔵庫の中身はすべて無料で食べてよいとのこと。なんと太っ腹なのじゃ!!!
d0051037_234493.jpg
駅はどこはかとなく臭い・・・・。う~ん。なぜじゃろ?

さて列車はす~と入ってきてす~と発車。
d0051037_22542925.jpg
人生初めての寝台列車ワクワクだ!んんん??個室が駅と同じ匂いがするぞ・・・。く、臭いのじゃ・・・。アンモニア臭がするのじゃ・・・。まぁしょうがないかの・・。列車が動きだしたらすぐに車掌さんがイスを寝台に変更してくれる。ワクワク。個室の作りは冷蔵庫と物置と、ハンガーと洗面台と上下にベットが1台ずつ。さぁて、着替えて寝ましょうか。カーテンを閉めると外の明かりも全く入らない。個室の寝るための赤い光をつけておやすみなさーい。

朝は車掌さんがノックをして起こしてくれる。オイラはぐっすり眠れたけれどかえる様は眠れなかったご様子。食堂車にいって、パンとチーズの朝食を。モグモグ。コーヒーは1杯、紅茶は2杯まで無料。朝食を食べている間に寝台をイスに治してくれるとのことだったけれど、車掌さんは来ず、かえる様が車掌さんを呼んできて直して貰うことに。

こんなところにもトルコのマークが。
d0051037_2254986.jpg

このマークはかわいいのだ。

さて、ボスポラス海峡を渡り、旧市街へ。実はこの辺は、疲れていたせいもあるのか、はたまた旅行から帰ってきてだいぶ日が経っちゃってるせいもあるのか既に記憶があいまいでよく覚えてないのだ・・・(汗
ブルーモスク。
d0051037_22563675.jpg
すごい人が見学に来ていて、入るのに並んで入ったのだ。
d0051037_20312236.jpg
モスクの中のタイルがブルーなのでブルーモスクと言われていて本当は違う名前なんだそうだ。でも、本当の名前は忘れちゃった。てへ。
d0051037_223516.jpg

タイルが綺麗で可愛い。デザインがすごいのだ。、昔の人はすごいの~。

アヤソフィアは外から見学のみ。次はトプカプ宮殿へ。ちょうど東京でトプカプ展(?)やっていて、いくつかの展示物は東京に貸出中という張り紙がはってあって見れなかったのだ。でも、すごい宝石の数々でかえる様の目が負けないくらい、きらきらに輝いていた。

やはり、ここもすごい人で入るときにすごく並んだのだよ。まるで、東京の美術館のようだ。お客さんが外人さんてだけでね。なので、ゆっくり陳列物を見ることができなかったのだよ。ざんね~ん。ヨーロッパの人にはトルコは旅行に来るのにちょうどよいらしく、ものすごく大きいフェリーが4隻くらい港に止まっていたのだ。あそこに乗った人がすべてここに来るのでは混むのはしかたないの~。

トプカプ宮殿の後はトルコで最後のホテルへ移動し、このツアー初のフリータイムへ!オイラ達は地下鉄に乗って新市街のタクシム広場へ。
d0051037_21372693.jpg
フリータイムは午後3時からくらいだったので、ホテルのある新市街から旧市街へは時間の関係上いけなかったのだよ。ざんね~ん。
地下鉄、本当は1.3リラ乗車賃かかるのに、今日はなんだか無料なご様子。なんとラッキーじゃ。不慣れでオロオロしているオイラ達を颯爽と導いてくれたおじさんありがとう!!
新市街をブラブラして、ドネルサンドを食べてホテルへ戻る。ガイドさんが、渋滞がすごくてタクシーでもなかなか進まないといっていたけれど、なるほど。ほっそい道でも車がギュゥギュゥで物凄かった。あれは相当なドライビングテクニックが必要なんじゃないかの~。

楽しかったトルコ旅行も今日で終わり。長いようであっという間の1週間だったのだ。
帰りのウズベキスタン航空のチケットはトランジットのとき無事、ツアーの人数分発券してもらえて、荷物も無くならずに日本についたのだった。

ツアーの人たちとは、多分もう2度と会うことはないだろうけれど、なかなか個性的な人が多く楽しいメンバーだったのだ。このような添乗員付きのツアーは初めてだったけれど、いいもんだな~としみじみ思ったのだ。
また、来年も旅行にいけるとよいな~。

あ!そうそう、トルコのトイレってば、ガソリンスタンドとかお店に設置されてる場合には50クルス~75クルス(50円~75円)を入り口で支払うのだ。
でもって、流れが悪いからトイレットペーパーは流さずに設置されている入れ物に捨てるのじゃ。
d0051037_20452835.jpg
うーん、やっぱりトイレは日本が一番じゃのぉ~♪
[PR]
by maront66 | 2007-10-11 21:00 | 旅行
<< oborekappa@hotm... 2007.10.8 トルコに行... >>